3月 24, 2012
ムニメグ

エスケヱプ・スピヰド


エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)
九岡 望 (著), 吟 (イラスト)

あらすじ

昭和一〇一年夏、廃墟の町“尽天”。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る不思議な少年に出会う。命令無しに動けないという少年に、叶葉は自分を助けるよう頼む。それは、少女と少年が“主従の契約”を結んだ瞬間だった。少年は、軍最強の兵器“鬼虫”の“蜂”九曜と名乗った。兵器ゆえに人としての感情が欠落している九曜だが、叶葉はそんな彼を一人の人間として扱い交流していく。徐々に心を通わせていく二人。しかし平穏な日々は、同じ鬼虫である“蜻蛉”竜胆の飛来によって打ち砕かれ―!?閉じられた町を舞台に、最強の兵器たちが繰り広げるノンストップ・アクション。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。


感想

荒廃した世界で少女と機械の少年がすれ違いながらも心通わせゆく様はゆるやかに丁寧で暖かく。
最強の兵器”鬼虫”同士の戦いは疾走感、躍動感、鮮やかな情景描写と迫るような三重奏を感じました。


荒廃した未来の世界、人と機械の心、前時代の超兵器、と個人的にも好みなSF要素の散りばめられた作品でした。

もしも明日世界が滅んで、偶然生き残りとなったら?
思わずそんなことを考えてしまうように、超兵器による戦争の後荒廃した世界を舞台に物語は始まります。
恩人を失い、最後に与えられた「生きろ」と言う言葉を胸に生き急ぐ元女中の少女「叶葉」。
仲間が倒れる中ボロボロになりながらも生き残り、眠りについていた最強の兵器”鬼虫”の「九曜」。
共に置いていかれたという似ている側面を持つ二人の、ピンチをきっかけにした偶然の出会い。王道かもしれませんが実にワクワクする始まりでした。

中盤終わりまではゆるやかですが、二人の交流や生き残った人々の明日をも知れぬ中での生活が丁寧に描かれていました。
徐々に広がる世界観やサブキャラの背景、そしてやはり注目点は二人の価値観や意識の違いによるすれ違いでしょう。
戦いのみを目的とする兵器である九曜と、彼を人間らしく扱おうとする叶葉。ときにコミカルに、ときに真摯に、衝突しながらも交流していく二人。徐々に感情を揺すり起こす九曜ですが、彼だけでなく叶葉も触発され変わっていくという、お互いの姿に感じ入るものがありました。もどかしくも暖かさを感じるようで清々しかったです。
ですが、もう一体の生き残りである”鬼虫”蜻蛉が二人の前に現れたときその関係は大きく変わって……と、終盤に向かってもまた一波乱ある展開でハラハラしました。

九曜と蜻蛉、最強の兵器”鬼虫”同士の因縁の戦い。
分量的には少ないですがとにかく濃密でした。巨大兵器同士の超高速戦は疾走感を持たせつつも細かい描写。兵器である九曜に芽生えた感情と意思の衝動が与える躍動感、そして鮮やかな情景描写は生命力溢れ、まさに眼前に迫るよう。九曜と叶葉、二人のこれまでがあったからこそ迎えた、圧倒的に惹きつけられるシーンでした。

全体的に丁寧でバランスが良く、終盤への収束が見事に感じました。SF好きの方にもぜひオススメしたい作品です。




Leave a comment

About

管理人のムニメグです。
同人サークル「ヨミメグリ」のお知らせ(コミケ、GirlsLoveFestival、その他オンリーなど)や、Twitterにアップしたイラスト、その他色々まとめています。
メールなどのご連絡はCONTACTまたはmunimeg◆gmail.comまでお願いします。

» Twitter
» pixiv
» BOOTH(通販)


» おとよりカメラ



» りんののカメラ

Twitter